看護師の労働時間について知っておきたいこと

更新日:2023年6月5日

看護師は、患者さんの命を預かる人たちです。そのため、24時間体制で働くことが求められますが、現実には過重労働や過剰な労働時間が問題となっています。看護師の労働時間について知っておきたいことを7つの項目に分けて解説していきます。

1. 看護師の労働時間の実態とは?

看護師は、24時間体制での勤務が求められる職業であり、過剰な労働時間が問題となっています。長時間勤務は身体的・精神的リスクをもたらし、看護師の健康に悪影響を及ぼすことがあります。また、長時間労働によるストレスや疲労は、患者さんへの医療ミスやケア不足につながる可能性もあります。看護師の働き方改革に向けた取り組みが進められる中で、労働時間を適正化することが求められています。

2. 労働時間によって生じるリスクとは?

看護師の長時間労働によるリスクは、身体的な疲労やストレス、ミスや過失の増加など多岐にわたります。特に疲労やストレスは、患者さんにも影響を与える恐れがあります。看護師は自身の健康管理と労働時間の適正化を図り、安全で質の高い医療の提供に尽力してほしいと思います。

3. 法令に基づく労働時間の上限とは?

法令に基づく看護師の1週間あたりの労働時間の上限は、前後の休息を含めて80時間とされています。また、夜間勤務の上限は1週間で40時間となっています。過労死や労災を防止するため、この上限内での労働時間の遵守が求められています。しかし、現実には過剰労働が問題となっており、労働時間の管理や短縮に向けた取り組みが必要です。

4. 労働時間の管理、把握方法とは?

看護師の労働時間を管理、把握するためには、出勤簿やタイムカードなどの電子管理システムを活用する方法や、手書きで記録する方法があります。労働時間の詳細を記録し、定期的に評価・改善することで、長時間労働の抑制や残業削減につながります。また、看護師自身が自己管理の意識を持ち、無理な勤務や残業を避けることも重要です。